2017年05月07日

ブラジル:カッシャンブー農園

IMG_0357.jpg
今日の焙煎から...

初回焙煎時からの課題として
1.オイリーな香りを抑える。
2.もう少し華やかさがほしい
の2点をあげ、焙煎初期の高カロリーをかける時間の調整、シリンダー回転数を1/min回転あげ、ダンパー調整は変えないで排気ファンを150/min回転さげ、煎り止めを1℃下げた。

ブラジル豆は火の通りが良いので初期に高カロリーを掛けすぎると最後のカップにまでコーヒーオイルの香りが残りやすい。(ある意味これがブラジルらしさ、でもあるのだが...)
直後の試飲ではこの2点はほぼ狙い通り。ただ甘みが少し減った(^_^;)

posted by マスター at 08:55| Comment(0) | コーヒー・焙煎