倉品さん.jpg

2017年08月11日

KYM お手入れ その3

2017-8-4-2.jpg

2017-8-11.jpg
全塗装の準備中。
天板は濃い目のステイン剤(着色剤)入りのニスを使うのと、外刃と内刃の間隔が微妙なのであまり削り過ぎないように...
ボディはもう少し木地が出るまで#100で磨き、#240で下地を整える予定。

ヴィンテージ感を出すには艶消しの水性ウレタンニスを2,3回塗り、オリーブオイル又は椿油を湿らせたウエスで磨けば良いのだが、このミルはオリジナルも前回のプジョーのようなヴィンテージ感がなかったので、速乾の油性ニスを使う予定です。
posted by マスター at 09:39| Comment(0) | コーヒー・焙煎