2017年08月27日

外付けハードディスク

2017-8-27.png
今回パソコンとともに購入したハードディスク、2TBで¥10,490-...
私が最初に購入した外付けハードディスクが三十数年前で20MBで15万円だった。
それでも当時1MBのフロッピーディスクが主流だったので、交換しないで20枚分のアクセスが出来る、しかも速い、と感動しました。
それが30年経ち1MBあたりの単価が150万分の1、言われてもピンとこないくらいまで下がったのだから驚きです。

今回はパーテーションを3つ切り、バックアップに500GB、諸々データ用に1.4TB、そしてウインドウズ機の経理や焙煎ログデータ用に100GB、これは共用出来るexFATでフォーマットした。

ここで大事なことは、容量的には一生使い切れないほどあってもハードディスクは使用頻度にもよるが4,5年の寿命、と考えておいた方がいいこと。
いつ何が起こるか分からないので、大切なデータはさらに別のディスクに保管するように習慣づけることです。
ついつい1ヶ月してない、なんてよくあることです。それが面倒な方には費用はかかりますがRAID機能のある複数台のハードディスクをおすすめします。

パソコン周りは壊れる時はいつも突然です、今回つくづくそう思いました。昔のテレビや洗濯機のように横っ腹を叩いてだましだまし使うなんてないです...(笑)

posted by マスター at 09:17| Comment(0) | 日記