2017年02月11日

ブラジル豆

IMG_0134.jpg
いつも使っているブラジルのスペシャリティーが5月以降の入荷ということで、急遽ブレンド、豆売り用に別の所から入れました。一見綺麗に見えた生豆もピッキングしてみると虫食い、割れ、半ヴェルジなど多く、約10%の欠点豆。久しぶりの多さです。

IMG_0135.jpg
きれいになったのがコチラ...

IMG_0170.jpg
写真ではわかりずらいですが若干乾燥ムラがあるのでいつもより1分長い時間で焙煎、煎り止めは1ハゼ後インターバル中間。ブラジル豆は低地産で火の通りもよく焼きやすく、反面苦味も出やすいのですがコチラは喉ごしに少し酸味が残りました。
そういえば私の若い頃は自家焙煎だったかどうかは記憶にありませんが、専門店には必ず『ブラジル・サントス』がメニューにあり、香ばしい香りとほろ苦い味わいが懐かしいです。
今にして思えば2ハゼ三分の一くらいまでの「中深煎り」のローストだったんですね。最近では少なくなりましたが...

スッキリした飲みくちで、あまり個性を主張しない分ブレンドにはピッタリです。
喫茶では少量残っているハイーニャ農園をお出ししております。
posted by マスター at 03:35| Comment(0) | コーヒー・焙煎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: