2017年03月19日

今朝の一杯

IMG_0218-2.jpg
ニカラグア:リモンシリョ農園のジャバニカ種...
数年前SCAJ(コーヒーの展示会)の取引先ブースで試飲したのが始まり。その年は既に完売でしたが翌年以降買い付けています。
一時パカマラ、マラカツといった交配種が流行しましたがこちらはエチオピア産ロングベリー起源の単一品種。一説にはジャバはジャワ、ニカはニカラグア、つまりインドネシアにあった苗をニカラグアに持ち込んで育てたとも言われています。
ゲイシャ種もそうですが、原種に近い品種は大変手間がかかり、すぐには広まりません。

特徴は口の中に広がるふくよかな香りと紅茶を思わせるアフターテイスト。
もう少し手前でおろせばフローラルな香りと酸味を楽しめますが、そんなことを言っているとどんどん浅煎り方向になってしまうのでウチでは酸味も苦味もない焙煎度合いにしております。
posted by マスター at 07:14| Comment(0) | コーヒー・焙煎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: