2017年05月12日

バーナー

IMG_0348.jpg
ココは以前父が中国料理を営んでおり、2万カロリーの鍋を振る釜が2つ、その他麺を茹でる釜、スープの釜、餃子を焼く釜とかなり太いガス管が通っており、10年に一度交換にくるガスメーターも特殊なので取り寄せになります、と言われる。

それが今はラインはそのままで繋がっているのが8000カロリーの焙煎機一つなのでとにかく炎炎の音がうるさい、火力のコントロールもメーターやパソコンは見ず炎の音だけで判断している。

時々他店研究で自家焙煎屋さんを廻っていてたまたま焙煎してるところに出会うと、こんなに静かなのかと思うことがあります。
posted by マスター at 08:38| Comment(0) | コーヒー・焙煎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: