2017年05月24日

レッドハニー

2017-5-24.jpg
今日の焙煎から...
コスタリカ:エル・セントロ農園

乾燥工程でほとんど皮の付いた実のままの状態で乾燥させるのが「ブラックハニー」、若干残った果肉とミューシレージ(ヌメヌメ)を残したまま行うのが「レッドハニー」、ほとんどパーチメントの状態だがミューシレージを残して行うのを「イエローハニー」と区別しております。

いずれも農園主のこだわりが伝わる素晴らしいコーヒーに多い精製方法です。

posted by マスター at 10:00| Comment(0) | コーヒー・焙煎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: