2017年07月10日

コーヒーミル選び その1

2017-7-10.jpg
まず最初に悩むのが電動にするか手動にするかではないでしょうか。
ライフスタイルによって方向が決まると思いますが、できれば両方を持って、平日の忙しいときは電動で、休日は手動でと使い分ける方法がよろしいと思います。

豆を挽く方法は大きく分けて3タイプ
1.粉砕型
2.すり潰し型
3.カット型

1の代表的なのものが乾物などを粉末に出来るプロペラのような2枚の羽根が付いていて上から押すとプロペラが回転し粉砕していくモノ。これは挽きムラ、微粉が多すぎお勧め出来ません。

2のタイプの代表がカリタのナイスカットミルではないでしょうか。ロングセラー商品で長い間安心して使えると思います。また、いわゆる鋭い刃がないのでメンテナンスも非常に楽です。
手動の石臼タイプもこのすり潰し型の代表ですね。

3のカットミルは雑味なく、コーヒー本来の味を引き出せるタイプなのですが、顕微鏡レベルまで細胞を破壊しない完全カットミルは非常に高額です。クルマが楽に買えちゃうくらいします(^_^;)
市販のカットミルはカットしながらすり潰しも混ざるタイプです。

このデロンギ社のKG-100というミルは細挽きからエスプレッソ用のパウダーまで出来るカットミルです。
2017-7-10-2.jpg
ホッパーは外し、見えてる白い上歯もすぐ外せメンテナンスも楽です。ご家庭で細挽き出来るミルとしては他に選択の余地はないと思います。

続く
posted by マスター at 12:02| Comment(0) | コーヒー・焙煎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: