2017年07月24日

プジョー アンティーク・ミル レストア開始

2017-7-24-1.jpg
通常のプライヤーではビクともしなかったが、昨夜届いたロッキングプライヤーで固定したらいとも簡単にハンドルが外れた。
長年の使用でネジが固着してしまっているのと、木材が経年変化でボロボロの状態になっていた。
この部分は木片を摩り下ろした粉と接着剤を混ぜ合わせてモノで一旦穴を埋め新しいネジを使うことになる。

2017-7-24-2.jpg
さらに内刃の棒軸を抜くには天板か底板を外さなければならず、底板とボディの間に木材の乾燥によるソリが出て隙間があったので底をスクレーパーを噛ましながらハンマーで少しずつ剥がした。
当時、膠だと思うが接着されていて、細いピン釘でとめてあった。

今後のメンテナンスを考えると接着剤は使わず、サイズアップしたネジ(と言っても2mmくらい)だけで止めたほうが良いのだが、2mmのネジを使うには予め1.5mmの穴をドリルで空けておかないと底板にヒビが入りそうで怖い。

SLでいう動態保存、という観点なら今回徹底的にクリーニングして、木工用ボンドで付けちゃうのが簡単。
まあ、それはいずれ考えます。

それより今回はしっかりサビも出ているのでゆっくり楽しみながら処置しますにこにこ
posted by マスター at 15:24| Comment(0) | コーヒー・焙煎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: