2017年08月18日

ペーター・ディーネス

2017-8-18.jpg
ドイツのコーヒーミル、出品者さまの紹介文から...


1900's  PeDe Dienes Solida NO.613 Coffee/Expresso Made in German のご紹介です。
こちらは、先生とお別れする時に、弟子たちに分けてくださった、最高の一品の1つになります。どなたかにお譲りいたします。
一目で、オーラが違うのが分かるでしょう。無垢材が、まったく違います。高級な木目仕上げです。手に吸い付くような無垢材です。
こちら 未使用 デッドストック 極上物です。 非常に綺麗な状態です。
ものすごい貴重なものです。 

PeDe Dienes 1900年初代 Solida No.613 無垢材木目調高級仕上げです!
裏側のボルトで挽き具合調整できます。手に持った感じ、長年の、ものすごいオーラを感じます。手に沈み込む感覚です! 
2度と見つけることはできない、逸品でしょう。
歴史あるドイツメーカーPeDe Dienes社の1900年代ごろのコーヒーミルです。
こちら、PeDe Dienes 社は、歴史あるドイツのメーカー、ザッセンハウス(zassenhause) 社と合併する前のブランドになります。
ザッセンハウスが、ペーターディーネス社を吸収合併した以前の、コーヒーミルになります。 
たぶん、1900年〜1940年あたり。
このあとに、ザッセンハウスの、175M が作られます。そして、現在のハバナへと続いております。

ペーターディーネスも、ザッセンハウス 175M も、職人さんの1つ1つ手作りなので、ハバナにはない、精細な作りとなっております。
その中でも、ペーターディーネスは、ザッセンハウスに乗っ取られるまでの間にしか作られていないので、本数がありません。

補足することは「MOKKA」とあるのはこの会社の製品では「細挽き」出来るということらしいです。
コチラは何もいじりません、使いません...にこにこ
posted by マスター at 09:10| Comment(0) | コーヒー・焙煎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: