2018年10月16日

Google Pixel 3

st52693_pixel3-01.jpg
グーグルが日本ではNEXUS以来3年ぶりとなる自社ブランドのスマホを発売する。
Androidのアップデートはキャリアを通さずOTAで降ってくるわけだ。
iPhoneでは当たり前のことがAndroid機では各キャリアがどの機種をアップデート対象とするか、提供時期はいついつ、と案内があり、機種によっては2,3ヶ月かかるのも当たり前の状態でした。
よく解釈すれば、てんこ盛りに入っているキャリア独自のアプリがOSのアップデートによって正常に動作するか検証するための時間、だと思う。
そして出来れば、購入した時点の機能、インターフェイスに慣れたのなら、そのまま使っていただきたい、というのが本音だろうし、実際それを望むユーザーも大勢いらっしゃることはよくわかる。
ただ私のような新しモノ好きには実にイライラする時間だった。

グーグルはこの金属の筐体を販売することが目的でなく、ソフトウェアを通して個人情報を収集することが目的、などど揶揄する記者もいる。
発表の場では50万人分の個人データが流出したと推測される今回の漏洩問題には触れられなかったようだ。

さてどうなるでしょう...
posted by マスター at 12:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: