2018年11月14日

生産者セミナー

20181114.jpeg
今日はグァテマラとブラジルの生産者セミナーに参加してきました。

グァテマラはフェアトレードの説明、1ポンドあたり20セントの上乗せが生産者の設備や継続持続性の役に立っている、完全なトレイサビリティも担保されるとのことでした。
ブラジルはカルモ・デ・ミナスの会社の方が取り組みの説明でした。

20181114-2.jpeg
プレゼンの後はグァテマラ3、ブラジル16の計19ロットのカッピング。グァテマラで1ロット、ブラジルで新精製方法(パルピングする前に10日ほど天日干し、その後はパルプドナチュラルと同じ)の2ロットが気に入りました。
共にマイクロロット(少量)ですが購入も可能。

COEのカッピングはほとんど月曜開催、水曜日も以前はギター教室があったので、こうした勉強会に参加するのは久しぶりでした...
posted by マスター at 20:13| Comment(0) | コーヒー・焙煎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: