倉品さん.jpg

2017年08月18日

ペーター・ディーネス

2017-8-18.jpg
ドイツのコーヒーミル、出品者さまの紹介文から...


1900's  PeDe Dienes Solida NO.613 Coffee/Expresso Made in German のご紹介です。
こちらは、先生とお別れする時に、弟子たちに分けてくださった、最高の一品の1つになります。どなたかにお譲りいたします。
一目で、オーラが違うのが分かるでしょう。無垢材が、まったく違います。高級な木目仕上げです。手に吸い付くような無垢材です。
こちら 未使用 デッドストック 極上物です。 非常に綺麗な状態です。
ものすごい貴重なものです。 

PeDe Dienes 1900年初代 Solida No.613 無垢材木目調高級仕上げです!
裏側のボルトで挽き具合調整できます。手に持った感じ、長年の、ものすごいオーラを感じます。手に沈み込む感覚です! 
2度と見つけることはできない、逸品でしょう。
歴史あるドイツメーカーPeDe Dienes社の1900年代ごろのコーヒーミルです。
こちら、PeDe Dienes 社は、歴史あるドイツのメーカー、ザッセンハウス(zassenhause) 社と合併する前のブランドになります。
ザッセンハウスが、ペーターディーネス社を吸収合併した以前の、コーヒーミルになります。 
たぶん、1900年〜1940年あたり。
このあとに、ザッセンハウスの、175M が作られます。そして、現在のハバナへと続いております。

ペーターディーネスも、ザッセンハウス 175M も、職人さんの1つ1つ手作りなので、ハバナにはない、精細な作りとなっております。
その中でも、ペーターディーネスは、ザッセンハウスに乗っ取られるまでの間にしか作られていないので、本数がありません。

補足することは「MOKKA」とあるのはこの会社の製品では「細挽き」出来るということらしいです。
コチラは何もいじりません、使いません...にこにこ
posted by マスター at 09:10| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月17日

KYMコーヒーミル

2017-8-16-2.jpg
もうひとつのKYM、外観の大きなキズもなくクリーニングだけ行います。
天穴の内側を見るとスプレー塗装されたのがわかりますね。
受け箱が綺麗なのがあまり使われてこなかった証です。
posted by マスター at 13:19| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月16日

焙煎&発送準備

2017-8-16.jpg
午前中発送するコーヒーの準備完了...

午後は先週「夏休み」としておやすみした『洋梨のタルト』をつくります。
posted by マスター at 06:36| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月14日

ブラジル:カッシャンブー農園

2017-8-14.jpg
今日の焙煎から...

今日も美味しく焼きあがりましたにこにこ
posted by マスター at 10:03| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月13日

グァテマラ:サンタクルス農園

2017-8-13.jpg
今日の焙煎から...
煎り止めは2ハゼ入口です。
posted by マスター at 15:55| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月12日

KYM お手入れ まとめ

2017-8-12-2.jpg
組み上げて完成

2017-8-12-7.jpg
いつでも使える状態です。

2017-8-12-4.jpg
開店以来一度も飾ったことのなかった棚...
なにか飾ろうと考えて、やはりコーヒー屋なので手挽きミルが良いのではと思った時の手持ちが2個。

ヤフオクで物色してみると、ザッセンハウスやプジョーのデッドストック(新古品)になると2〜5万円、そんな高価のモノはムリなのでお手頃のモノを探すと手入れしなければいけないモノばかり...

どうやって分解するか、から始まって考えながらレストアするのは最初の目的とは別の楽しみを発見できましたが、一応間隔は広いものの棚一面に置けたので一段落し、しばらくはお休みします。

とはいっても「お宝」に出会えたら捕りにいきますにこにこ
posted by マスター at 11:16| Comment(0) | コーヒー・焙煎

KYM お手入れ その4

2017-8-12.jpg
塗装おわりました。
天板はテカテカの艶はイヤだったので、二度塗り目は乾く前にウエスで拭き取りました。
さらに受け箱の色を濃くしてみました。ツマミは透明ニスで...

実はロゴマークが一番苦労しました(^_^;)
ウェブサイトで探しましたが、なかなか正面からの画像がなく、フォトショプで3D回転してみたりとか...
まあ、ネジにしたのでもっと良い画像と透明シール用紙を用意できたら、いつでも貼り替えることは出来ます。
posted by マスター at 09:36| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月11日

KYM お手入れ その3

2017-8-4-2.jpg

2017-8-11.jpg
全塗装の準備中。
天板は濃い目のステイン剤(着色剤)入りのニスを使うのと、外刃と内刃の間隔が微妙なのであまり削り過ぎないように...
ボディはもう少し木地が出るまで#100で磨き、#240で下地を整える予定。

ヴィンテージ感を出すには艶消しの水性ウレタンニスを2,3回塗り、オリーブオイル又は椿油を湿らせたウエスで磨けば良いのだが、このミルはオリジナルも前回のプジョーのようなヴィンテージ感がなかったので、速乾の油性ニスを使う予定です。
posted by マスター at 09:39| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月10日

パクリじゃないの...

2017-8-10-2.jpg
カリタのKH-5という型番のコーヒーミル...

2017-8-10-3.JPG
プジョーの百年ほど前のG0という型番のコーヒーミル...

ドームの高さ、高台の形、凸凹の逆など微妙に違いますが、全体のフォルムは見れば見るほど似てる...
大丈夫なんでしょうか(笑)
posted by マスター at 12:18| Comment(0) | コーヒー・焙煎

マンデリンブルボン

2017-8-10.jpg
今日の焙煎から...

低音ネルドリップを考慮し、煎り止めは2ハゼ1/3、ピチピチピチと勢い良くハゼてる状態です。
常温では翌日以降オイルが回ってきます。
posted by マスター at 10:18| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月09日

リサイクルショップ

2017-8-9.jpg
兵庫のリサイクルショップが出品してた、現在レストア中と同じドイツKYM社のコーヒーミルが届いた。
ストアオークションなので消費税が付くがそれでも1,383円、送料700円で2,083円...

2017-8-9-2.jpg
私がいま使っている1963年製の河野ギター、先日ギターパティオのメンバーの方に試奏していただいたら、新品の7,8拾万する河野ギターよりコチラのほうが良い、と言っておられた。
でもリサイクルショップの買取に出しても、おそらく値がつかないモノだと思います。

蚤の市やリサイクルショップは価値の分かる人には思わぬ「お宝」が眠っておりますね...
posted by マスター at 12:46| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月08日

KYM お手入れ その2

2017-8-8.jpg
ボディは全塗装に方針決定...
うえカバーとホッパー、ロゴプレートを外す。

2017-8-8-2.jpg

2017-8-8-3.jpg
台風の影響がこちらはほとんどなかったので、ニスなど材料を買いに浦所バイパス沿いにあるホームセンターへ...
posted by マスター at 17:10| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月07日

出荷準備完了

2017-8-7-2.jpg
午前出荷、ギリギリセーフ!!
posted by マスター at 11:52| Comment(0) | コーヒー・焙煎

ルワンダ:コパカマ農協

2017-8-7.jpg
今日の焙煎から...

一休みしてから6回焙煎、先ほど終了...
今日午前に出荷する豆です。
posted by マスター at 01:28| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月05日

KYM お手入れ その1

1930年〜40年頃のミル、一度も手入れされなかったのか、いくら滑らかに挽ける、と言っても
2017-8-5-1.jpg
これでは飲むことはもちろん、飾って置くだけでも気持ち悪いので...

2017-8-5-2.jpg
とりあえず分解して、内刃、外刃だけでも先にクリーニングしました。

2017-8-5-3.jpg
2017-8-5-5.jpg
粒度調整のツマミもきちんと回るようにして...
2017-8-5-4.jpg
これでいつでも使える状態でしばらく保管します。
ボディの補修は全塗装にするか部分補修にするかしばらく考えます。

時代的に当然なのかもしれませんが全て無垢材です...
posted by マスター at 08:21| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月04日

KYM

2017-8-4-1.jpg
今度のミルはハンドルに刻印されている文字「KYM」...
決して「空気ヨメナイ...」ではございませんわーい(嬉しい顔)
戦前までザッセンハウスやペーターディーネス(のちにザッセンハウス社に吸収される)とともにドイツに存在したORIGINAL KYM MOKKA 社のロゴマーク。
3社とも職人が一つひとつ手作りした逸品ばかりですが、このオリジナルKYMモカ社のミルは数が少なく市場にもそう多くは出てまいりません。

試し挽きしてみましたが、豆が吸い込まれるような、という表現がピッタリ、滑らかで軽やかな音ともに挽けました。
ザッセンハウスやプジョーとはまた違った感覚です。
ということは味も違う、ということでしょう...

2017-8-4-2.jpg
刃はいつものように汚れていますが、そのほかプレートは付いていますがプリントだったのか綺麗になくなってしまっております。ボディのキズも含めてどう修復していくか思案中、楽しみです。
posted by マスター at 09:07| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年08月03日

ブラジル:ダテーラ農園 スイート・イエロー

2017-8-3.jpg
今日の焙煎から...

ラルゴブレンドに使用するブラジル豆です。
posted by マスター at 12:24| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年07月30日

プジョー アンティーク・ミル レストア まとめ(続)

2017-7-30.jpg
一旦は完成しましたが、組み上げてみてわかった内部の僅かな歪みがどうしても気になり再度分解して矯正中...

これでゆっくり寝られますにこにこ
posted by マスター at 00:06| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年07月29日

プジョー アンティーク・ミル レストア まとめ

IMG_0052.PNG
届いたときはあまりの汚さに写真も撮れませんでしたが、オークションサイトに出品者さまの写真が残っていました。
見た目もそうですがホコリの匂いしかしませんでした(^_^;)

2017-7-29-3.jpg
ネジ穴はボロボロになってる部分をドリルの刃で掻きだし...
2017-7-29-1.jpg
ネジ穴用のパテで埋める。

2017-7-29-2.jpg
底板も今後のメンテナンス用にネジに変更。
posted by マスター at 11:11| Comment(0) | コーヒー・焙煎

2017年07月28日

プジョー アンティーク・ミル レストア その5

2017-7-28-1.JPG
出来ましたぁ\(^o^)/
現行のノスタルジーより華奢というか繊細なフォルムですが、私はコチラのほうが好きです。

2017-7-28-2.JPG
刃も問題なく、挽き心地もザッセンハウスとは一味違います。

これでブロカントでなく立派なヴィンテージ、あるいはアンティークになりましたにこにこ

ご希望の方にはお譲り出来ますので、お声掛けください...
posted by マスター at 15:30| Comment(0) | コーヒー・焙煎